1985年

RG250 ガンマ チョッパー リジットフレーム
アルミフレームのバイクを1から鉄で製作し、メイドインビーが世間を騒がした一台
更にバイク雑誌に上写真のヘアーヌード広告を出し、大問題と
なってしまった
と言うのも、当時の日本は真面目でヘアーヌードなんて禁止の時代だった
この広告が噂になり当時約15,000部しか売れなかった雑誌が
ヘアーヌード広告を目的に9倍の約135,000部の販売数を出す
だが、その代償に広告を受付し出版した雑誌は
60日間の営業停止処分と罰金刑を受けてしまったのである(実話)
 1985年 第14回 東京モーターサイクルショー出展

ホンダ 250Tマスターディガー  リジットフレーム 
レブルが販売になる前のエンジン
当時はメッキ製のエンジンカバーが無かったので
個人でメッキをかける時代であった

ヤマハ XJ400 リジットフレーム カワサキ LTD250 リジットフレーム
ガーターを付ける前の250Tマスター
湾岸線を爆走
 夜の新宿を走るRG250・ガンマ

ヤマハ XJ400 リジットフレーム スイス人に彫って貰ったタトゥー(左)と
横須賀で彫って貰ったタトゥー(右)
改造の取締りが厳しい時代だった 新宿にて
夜の新宿をバイクで走ると悪い人達に絡まれる事が多かった